実際に結果を出した塾生の「ぷぅさん6期生」と「ちゃぴんさん3期生」にどうやって稼げるようになったのか? ういろうを推薦する理由は?などをインタビュー致しました。15期の塾の募集動画にも出てくるお二人です。 日頃から仲良くさせてもらっている友達です♪

K塾ういろうの特典付きページはこちら

>>>K塾ういろうの特典付き募集サイトはこちら
22期募集は7月2日(月)まで!


こちらの案内に登録していただくとK塾の最新情報や私がK塾に入ってどうやって成功したのかなど、 ブログやサイトに書けないことをメルマガでお送り致します。ぜひご登録下さい♪
    
【ういろうのK塾最新情報】
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*
性別*

※こちらで得た個人情報はK塾最新情報のメールのみに使用させて頂き
それ以外の目的では使用致しません。

※Yahooメールなどのフリーアドレスの場合、迷惑メールフォルダーに入りやすいとの 報告を受けております。メールが届かなかった場合は他のアドレスでもお試し下さい。

───────────────────────────────────────────


2014年05月20日

K塾のういろうからのサポートは本当に必要か?

K塾に入る上でなぜ第3者によるサポートが必要なのか?



いろいろなK塾の案内サイトで「私がサポートします!」であったり、「サポートなんて塾の中にあるから必要ありません!」と書いてあったりいろんな意見があります。



確かにK塾の公式サポートはしっかりしているので、
それをきちんと利用すれば稼げるようになるかと思います。



しかし実際に新しく入塾することを考えると、


そうですね、


あなたが中学か、高校に入学する時を思い出して下さい。


校長先生と、先生たちがいるのはわかっていますが、どんな生徒がいるのかわかりません。
もちろん入る前なので、友達がいません。知っている友達が全くいません。


どんな先生がいるのかな((((;゚Д゚)))) または ((o(´∀`)o))ワクワク
どんな友達、先輩がいるのかな((((;゚Д゚)))) または ((o(´∀`)o))ワクワク


な不安な気持ちでいっぱいでしょう。


でも、学校に入る前に先に入った生徒(先輩)と知り合うことがでできたとしたら。。。


先輩と知り合うことができなかった生徒と、先輩にアドバイスをもらいながら
半年間過ごせる生徒・・・



この感覚の違いわかりますでしょうか???


私だったら「ぜんぜん安心感が違う」と感じるかと思います。
(ただし、「いい先輩」だった場合ですが。)


感じ方は自由ですが、K塾に入っても「これ、ちっさいことだけどこんなこと聞いていいんだろか?」ってことが結構あるんですよ。



そんな時に、校長先生や先生にいきなり聞けるか?というと、まずは先輩に聞いてみようってなると思います。そのほうが安心感ありますしね。


ということで、ういろうのサポート受けてください!って言う訳じゃありませんが、誰か先輩と知り合っておいたほうがちょっと得ですよね。ということを言いたいだけです。



あとは私に関してはよく相談を受けるのは「今仕事が忙しいので、どうやって時間を作ればいいでしょうか?」とか「どうやって時間を効率よく使ってますか?」とか「どうやってPCをうまく使えるようになりますか?」とかK塾以外のメンタルや方法についてのサポートをさせて頂く場合もあったりします。


そこでは「先輩の意見」として提案をいくつかさせて頂いたりしております。
これが絶対に正解!という答えってないと思いますので、できるだけその方に合った方法を提案するという立場です。あくまでアドバイスですね。


で、私は別にどんな質問が来たからと言ってその人が真剣に悩んでいようことなら応えたいという気持ちがありますので、出来る限り答えさせて頂いております。


メールでも真剣な度合いは伝わってきますので。


入塾前でもけっこういろいろな方にご相談頂いておりますので、よろしければ迷い事、不安などございましたら一度ういろうまでメッセージくださいませ。


posted by ういろう at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | K塾 サポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月29日

K塾のサポートはどうか?

K塾にはアフィリエイト及び
PC操作のサポートがあります。


大きく分けて2種類のサポートがありまして

1つがフォーラム(掲示板)、もう一つがSNSです。


フォーラムというところでは
質問すればだいたい24時間以内には返答があります。


またその他のアフィリエイト以外の質問は
K塾のSNSで質問しても大丈夫です。


既出ですと言われる可能性があったとしても
→既出の場所が見つかりません。教えてください!
という根性で聞き倒すのがよいです。
稼ぐために恥とか言ってられませんからね。


サポート面の種類は、


パソコンの操作のサポート
ステップをクリアまで面倒を見てくれる講師、
ツール担当の講師がいらっしゃいます。


そこでもサポートとしては十分なのですが、
できれば横にパソコン画面があって教えてくれる人がいると
いいですよね。


時々ですが、東京、名古屋、大阪、福岡などで
勉強会があったりするのでそれに参加するなどしてもいいですね。


また講師参加型のイベントや勉強会もたまに開催されますので
それに参加して直接講師に教えてもらったりできます。


なかなか初心者が月100万以上稼げる人に教えてもらう
チャンスなどないので私はここぞとばかりに利用しました!


最初のうちはできるだけ外に出て「稼いでいる人に触れ合う」のが
稼ぐ近道だと思います。


それでもなかなか講師にサポートを依頼して根堀葉掘り聞くのも
大変という場合は私ういろうにも聞いてみて下さい。


サイト診断もさせて頂き、どのように作り込んでいけばよいのかを
SEOの観点から、読み手の見方から様々な方向からアドバイスさせて頂きます。


大阪近辺であれば実際にお会いすることができますので
もし迷われている方がいたらういろうまでお気軽にご相談くださいませ。


↓↓↓


>>>ういろうに問い合わせてみる


基本的には24時間以内、48時間たっても返信がない場合は
お手数ですがもう一度フォームよりご連絡下さい。


ラベル:K塾 サポート
posted by ういろう at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | K塾 サポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月24日

K塾は海外からの入塾でも稼げますか?

K塾は海外からでも入塾できますか?
または入塾後、活動はできますか?
というご質問やご意見を幾つか頂いております。


ちなみに私経由でご入塾されたヨーロッパ在住の方が
いらっしゃいます。少し面倒なことはあるようですが、
塾としての活動はきちんとできております。


ではメリットどデメリットを語っていきます。
正直海外でK塾に参加するとデメリットが多いです。
デメリットというよりも、日本にいる人よりもハンデが伴います。


まず、デメリットとしては

・塾のDVDが届くのが遅いのでSNSで日本の人たちより
一週間ほど出だしが遅れたりする。

・面談に行きたくても日本なので大変。また各地で開催される
勉強会もなかなか参加できない。塾の公式セミナーも参加しずらい。

・サーバーなど日本で契約しないと使えないところもある。

・申し込み、ネットで購入の場合、海外のクレジットカードだと
使えない場合がある。

・日本の商品を中心に紹介したい場合、お店に見に行けなかったり
現物を手にとってお試ししたりしにくい。

・パソコンなどの環境が違うので日本の設定でしか使えないツールなどが
あったりします。ほとんどはいけるようですが文字化けなど発生したり
する場合があります。


以上、ほとんどは小さな点ですが

しかし少しばかりメリットがあります。

・海外の現地の情報がわかるので、その国の言語でアドセンスなどができる。
例えば、その現地の観光情報を日本語で伝えたりできる。

・その国のアフィリエイトに参加できる。アマゾンなどはアメリカの方が
料率が高い。アドセンスも英語の方が単価が高い。



といったところでしょうか。
メリットは最大限に活かして欲しいですね。


ちなみに私の把握している海外K塾生で国別で申し上げると
アメリカ、ギリシャ、ベルギー、オーストラリア、シンガポール
フランスあたりです。北海道、沖縄も海の向こうなので近場の海外
みたいなものです。


で、稼げるのか?



という質問に対しては、日本にいるよりは稼ぎにくくはなりますが、
本人次第で稼げるようになるということです。日本にいても稼げない人は
稼げないので、何が違うか?ですよね。


それは私の他の記事を読んでいただければわかるかと思います。
要はやる気次第ということです。


SNS、フォーラムで必要な情報は提供されていますし
講師とやりとりすることも可能なので、海外にいてもその辺りの
ハンデや差はないということです。


デメリットは上記で述べた通り、日本の商品を紹介する上では少なからず
デメリットがあることは理解してください。


SNSでは海外在住者のコミュニティもあります。その辺りをうまく
活用してハンデは自分で埋める!という根性のある人だけが入塾すれば
よいかと思います。ハンデの覚悟はある程度必要だと思います。


ラベル:海外 K塾
posted by ういろう at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | K塾 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする